Tシャツの丈つめをする場合|長い着丈を短くする方法の選択肢

Tシャツを購入した際に、身幅や肩幅などは体に合うサイズなのに、着丈が長い場合があります。

そのような場合、Tシャツの着丈をつめて希望の長さにする方法がありますが、今回はTシャツの丈つめをする場合の選択肢の紹介となります。

ミシンを使い自分でTシャツの丈つめ

既製のTシャツの着丈が長く、毎回、丈つめをしたいと思う場合、自分自身で丈つめをする選択肢があります。

Tシャツの丈のステッチは、カバーステッチ(片面飾り縫い)となり、表は直線縫いが2本で、裏は編んだような縫い目となります。

そのカバーステッチは通常のミシンで再現できないため、カバーステッチミシンが必要となります。

頻繁にTシャツの丈つめをしたい場合、以下のようなカバーステッチミシンを購入して自分自身で丈つめをするのもいいと思います。

の画像

カバーステッチミシン

Tシャツの丈つめにはカバーステッチミシン

ネットで安くTシャツの丈つめを依頼

上記のカバーステッチミシンは高いし、自分自身で丈つめするのは面倒という場合、ネットで安くTシャツの丈つめを依頼する選択肢があります。

ネットでの丈つめサービスには、以下のようなサービスがあり、ネットで申し込みをして、丈つめをする洋服を送り、丈つめをしてもらいます。

の画像

『お直し工房』丈つめサービス

楽天市場の『お直し工房』では、洋服の丈つめを低価格で提供

また、Tシャツを送る場合には、安くて便利なクリックポストがおすすめです。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、項目欄(*は必須項目)を入力し、「コメントを送信」ボタンをクリックしてください。 (メールアドレスは公開されることはありません。コメントの公開は承認制となります。)

Twitterで返信する場合はこちらから。