本の自炊(電子書籍化)に必要なもの|裁断機・スキャナー・OCR処理

紙の書籍を裁断・スキャンしPDFファイルとして電子書籍化することを自炊といいますが、今回は、その自炊をする際に必要なもののまとめとなります。

本を自炊(電子書籍化)をする際に必要なもの

裁断機

まずは、紙の本を1枚ずつバラバラにする裁断機が必要となります。

本の背を裁断できる、ある程度大きな裁断機あると、簡単に書籍を1枚ずつバラバラにできます。

の画像

書籍 裁断機

書籍を簡単にバラバラにするなら大きな裁断機オススメ

ScanSnapなどのプリンター

そして、裁断したページの両面をプリンターで読み込みPDF化します。

裁断したページを素早くPDF化するには、複数のページをセットでき、高速に両面を読み取りPDF化できるScanSnap(スキャンスナップ)のようなプリンターを利用すると便利です。

の画像

ScanSnap 両面読取

電子書籍化を素早く行うならScanSnap

OCRについて

紙の本を電子書籍化するメリットの一つとして、書籍内のテキストを検索できることがあります。

PDFではOCR処理を行うことにより、PDF内のテキストを検索できるようになります。(OCRの精度によって検索できない文字がある場合もあります)

ScanSnapのようなプリンターには、OCR処理を行うことができるアプリが付属されている場合があるので、購入の際に確認してみてください。

また、パソコンやMacのアプリ「Adobe Acrobat Pro DC」などを利用することで、PDFに対してOCR処理を行うことも可能です。

の画像

Adobe Acrobat Pro DC

OCR処理を行うならAcrobat Pro DCがおすすめ

自炊代行に依頼する場合

上記のように、本を自炊(電子書籍化)するには、裁断機・プリンターの購入費用や時間などのコストがかかります。

そのような手間をかけたくない場合、自炊代行を利用する方法もあります。詳しくは以下のリンク先を参考にしてみてください。

コメント投稿コメント投稿欄を開く

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。